託児所ありの風俗店【ハイパーエボリューション】の託児所でお昼寝をすると夜寝れなくなる?!

託児所では、昼食後1時間半~2時間くらいのお昼寝をします。これは幼稚園と違う点のひとつです。朝から夕方-夜まで園で過ごす子どもたちにとって、心身の疲れをとったり、集団生活でのストレスなどを緩める目的で行っております。心身状態を一旦リセットするようなイメージです。 子どもは大人よりも運動量が多いので、我々が想像している以上にエネルギーを消耗します。お昼寝のように適度な睡眠を適切な時間に取らせることによって、子どもたちは午後も元気よく活動することが出来るようになります。   よく保護者の方から「託児所でお昼寝をすると、夜眠なくなっちゃうんじゃないですか?」と質問を受けます。園ではお昼寝の時間は強制ではありませんので、お昼寝をしない場合は、保育士と一緒に絵本やパズルなどでお昼寝の時間を静かに過ごします。 とは言っても、午前中におもいっきり遊んだ子どもは、静かな環境の中で他の子どもたちが寝ている姿につられて寝てしまうことが殆どです。   また、夜寝なくなってしまうのは、お昼寝のせいとは限りません。 寝る直前にテレビを観たりゲームで遊んだりすることによって、脳が興奮状態に陥り眠りを妨げてしまいます。 20時までには食事やお風呂を済ませて、21時までには部屋を暗くして布団に入れるようにできればベストです。 健康的な成長の為にも、「早寝早起き」を心掛けて習慣づけさせましょう。