託児所ありの風俗店【ハイパーエボリューション】の病児保育室について

病児保育室について

病児保育室とは、病気やけがのために保育園や幼稚園、学校などに通園・通学ができない子どもを一時的に預かる施設です。保育士や看護師など専門のスタッフがお世話をしてくれます。給食が出る施設もありますが、出ない施設ではお弁当とおやつを持参することになります。

病児保育室とは

病児保育室は「医療機関」「保育所」「民間」3つの運営タイプに分かれています。
「医療機関」で運営している病児保育室は、万一の場合でもすぐに医師の診察を受けられるので安心です。
利用するには原則として前日の予約が必要で、当日は医療機関で診察を受けて、受け入れ可能という結果が出た場合のみ保育室を利用できます。ただし、麻疹や流行性結膜炎などは対象外となることがありますので事前に確認をしてみましょう。

「保育所」で運営している病児保育室
主に保育所の所内に併設されていて、その保育所に通っている子供が利用できます。(学校の保健室のようなイメージです)
「民間」で運営している病児保育室
主にNPO法人や企業などが運営しており施設によって条件などは様々です。

定員について

病児保育室の定員は、1日あたり5~6名と少ないところが多いので、早めに予約をするようにしましょう。風邪が流行する季節などはどの施設でもすぐに定員に達してしまいますので注意が必要です。

サービスの内容について

民間の病児保育室についてサービスの内容は様々なのですが、最近では訪問タイプのサービスが増えてきているようです。
サービス内容としては、自宅に保育士が来て夕方まで面倒を見てくれるというものです。医師の往診にも対応しているところもあるようなので、今自分が住んでいる地域でどんな病児保育室があるのか、いざという時の為にも一度調べておくのも良いかと思います。