託児所ありの風俗店【ハイパーエボリューション】の子育て中にもらえるお金について

子育て中にもらえるお金について

子育て中にもらえるお金として有名なのは児童手当です。その他、子どもの医療費や進学費用の助成金、シングルペアレントのサポート制度など、様々な支援制度があります。今回はそれらをご紹介いたします。

子育て中にもらえる手当・補助金一覧

<児童手当>
説明:児童を育てる保護者に対して、主に行政から支給される手当のことです。0歳から中学校卒業までの児童のいる家庭に支給されます。
金額:3歳未満に月15,000円、3歳~中学生に月10,000円。第3子以降の3~12歳は、月15,000円。
条件:中学校までの児童を育てている世帯。所得制限を超える世帯は、特例給付として児童1人につき月5,000円が支給される。
手続き:市区町村役所に出生届を提出した際、児童手当も申請する。申請の翌月から支給対象になりますが、遅れた場合は、さかのぼって支給されないので注意が必要です。
<就学奨励金>
子どもを国公立の小・中学校に就学させるのに、経済的理由で困っている人に対して、自治体が学用品費や給食費、郊外活動費、修学旅行費、通学費などの一部を援助してくれます。内容や金額は自治体によって異なるため、詳しくは対象の自治体へお問い合わせ下さい。
<出産祝い金>
子育てをする家庭を支援するため、自治体が独自に行っている制度です。子供が生まれるとお祝い金をもらうことができます。第1子・第2子・第3子と貰える金額が増えていくのが一般的なようです。自治体によって内容は異なりますので、詳しくは対象の自治体へお問い合わせ下さい。
<児童扶養手当>
離婚などで母子家庭となった場合に、生活の安定と自立をサポートするための手当です。所得に応じて月9,990円~42,330円(子ども1人の場合)を、子どもが18歳になった年度末まで受給できます。
<児童育成手当>
18歳までの子どもを育てている母子家庭に支給され、児童扶養手当と同時に受け取ることも可能です。子ども1人に月13,500円を受給できます。
<特別児童扶養手当>
20歳未満で、精神または身体に障害のある子どもを育てている世帯に支給されます。1級は月に51,500円、2級は月に34,300円を受給できます。