託児所ありの風俗店【ハイパーエボリューション】の「小1の壁」について

「小1の壁」について

「小1の壁」とは、保育園を卒園して小学校に入学するときに生じる様々な問題の事を言います。
保育園では延長保育などで、長時間預かってもらうことが可能でしたが、小学校ではそういったことが出来ません。
小学校は登校時間が朝8時から、学童保育は夜18時までのところが殆どですので、フルタイム勤務の方は時短勤務になってしまう可能性が非常に高いです。
また、学童保育に関しても全国で1万7千人以上の待機児童が存在しているという現状から、学童保育を利用することが出来ない可能性も考えておかなくてはいけません。

親のいない時間帯・環境の変化の問題点

親のいない時間帯を子どもにどう過ごさせるか、親としてはとても頭の痛い問題です。
民間運営の夜間預かりの学童保育もありますが、やはり金銭的な部分がネックとなり、頻繁に利用しにくいというデメリットがあります。
子どもにとっても、今まで慣れ親しんだ保育園を離れ、小学校という新しい環境に移り変わるため、ストレスがかかりやすい時期であるといえます。そのため、子どもの精神面のフォローも考えなくてはなりません。

長期休み・臨時休校の問題点

もう一つ、親にとって頭が痛い問題があります。
それは、子どもの長期休み(夏休み・冬休み・春休み・GW)の過ごし方です。学童保育も上記のように必ず入れるとは限りませんし、入れたとしても長期休みの場合はお弁当持参となります。
その他、伝染病などにより学級閉鎖になった際の対応も考えておかなくてはなりません。

解決策として

急遽の休みや長期休み、環境の変化へのフォローなど、バックアップしてくれる祖父母が近くにいない場合は、夜間預かり対応の託児所やファミリーサポートなどの利用を検討してみるのも一つです。
当園の子どもたちは、学校で出された宿題をやったり、息抜きにゲームで遊んだり、中には保育士に教わりながら勉強をしている子もいます。
風俗業界ならではの特殊なシフトにも、お子様の生活リズムに影響がでないようサポートをしていきますので、気になることがありましたらいつもでお問い合わせ下さいませ。